特定非営利活動法人 消化器健康医療研究機構

DDW2012

今年の519日から22日まで、米国消化器病学会週間(DDW)が、太陽の降り注ぐエレガントな街、San Diegoで開催され、CARE研究(低用量アスピリンによる消化性潰瘍の再発とPPIの予防効果)の成績について発表が行われました。
 DDWでは4585演題が採択され、会場は大勢の学会関係者でどのセッションも活況を呈していました。CARE研究の発表は20日のポスターセッションで行われ、発表者を代表して神戸大学特命教授でCARE研究事務局の藤田 剛先生が、潰瘍研究で著名なSuzabo教授、Graham教授、谷中教授など国内外の大勢の先生方と研究内容について熱心に議論されました。(CARE研究事務局 村上記)


    
 San Diego Convention Center  California大学教授 Sandor Szabo教授

  
  筑波大学教授 谷中昭典先生    京都薬科大学教授 竹内孝治教授
                 (CARE研究ステアリングコミッティー)

        
          Baylor 医科大学教授 David Y. Graham教授






1・理事長ご挨拶
理事長ご挨拶
2・GI-CAREについて
GI-CAREとは?&新着情報
組織図
事業概要
各年度の事業報告
アクセス
3・支 援
各企業団体

〒650-0017
神戸市中央区楠町7-5-1
神戸大学医学部消化器内科 内
NPO法人
消化器健康医療研究機構 事務局
 Tel: (078)382-6305(直通)
 Fax: (078)382-6309