消化器癌診療(奥野、池田、藤島 他)

 当グループは消化器病治療分野の一環として、切除不能な胃癌・大腸癌・食道癌・膵臓癌などを対象に、抗がん剤や放射線治療を組み合わせた最新の集学的治療を専門的に行っています。治療方針は腫瘍内科・食道胃腸外科・肝胆膵外科・放射線腫瘍科との院内カンファレンス(cancer board)で各専門分野から検討しております。過去の海外、国内のエビデンスに基づいて、現在本邦における標準的な治療法および適格基準を満たせば臨床試験を提示し、最終的には患者様自身のご希望を十分考慮した上で決定しています。外来化学療法室にはがん化学療法認定看護師が配属されており、外来通院治療が主体となってております。
 治療レジメンの新規開発にも積極的に取り組んでおり、JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)・WJOG(西日本がん研究機構)・JACCRO(日本がん臨床試験推進機構)・OGSG(大阪消化管がん化学療法研究会)など複数のグループに所属して、国内最新のトレンドを実感することができます。