炎症性腸疾患診断(吉田、星、大井、吉江、孝橋 他)

 原因不明の難治性炎症性疾患である潰瘍性大腸炎(ulcerative colitis:UC)とクローン病(Crohn’s disease:CD)は、炎症性腸疾患(inflammatory boweldisease:IBD)と総称されますが、ともに20歳前後の若い人に起こり、生活習慣の欧米化などにより我が国でも著しい増加傾向を示しています。ともに厚生労働省の特定疾患(いわゆる難病)に指定されていますが、特定疾患受給者数においてUCは10万人強・CDは3万人弱の方が罹患しており,決して珍しい病気ではありません。今後さらに増加していくと考えられます。
 IBDの診断は、まず症状・患者背景から疾患を予測し厚生労働省の診断基準案に従って行います。典型例であれば診断は比較的容易です。診断基準案では非典型例でも診断が可能ですが、その際多くの炎症性疾患を的確に除外する必要があり、内科医として高い診断能力を要求されます。UCもCDも現在のところ原因不明のため、根治的治療というのは存在せず、炎症制御療法が中心です。治療の目的は病勢をコントロールし、患者さんのQOLを向上させることに重点が置かれます。患者さんとのコミュニケーションを大切にし、個々の患者の生活環境や社会環境を考慮した上で治療方針を決定します。また、患者さんへの病気に対する教育も治療の継続には不可欠です。薬物療法・栄養療法・外科療法を組み合わせて栄養状態を維持し、症状を抑え、炎症の再燃・再発を予防することが重要です。
 実際には寛解導入療法と寛解維持療法の二つに分け、それぞれの患者さんに有効な治療法を選択していきます。