神戸大学 医学部付属病院

  • 医学研究科
  • 付属病院

プランリーダーからのメッセージ

プランリーダーからのメッセージ

神戸大学大学院医学研究科の効率的ながん臨床教育システムで
がん医療のプロフェッショナルを目指しましょう!

南 博信(神戸大学がんプロリーダー:神戸大学医学系研究科 腫瘍・血液内科学分野)

がんは、1981年から日本人の死因の一位となり増え続けています。
今や「国民病」とも言われるがんの対策は日本の急務です。 がんの治療技術は年々進歩しており、医療は高度に専門化しています。
手術や内視鏡診断をしながら、がんの薬物治療を行う時代ではなくなり、手術、内視鏡、薬物治療、放射線治療のそれぞれの専門家が協力してがん治療に当たる時代になっています。 がんに伴う身体的・精神的苦痛を取る事も重要で、がん医療に携わる全ての医師は、緩和医療のトレーニングを積む事が求められていますが、緩和医療専門医の育成も必要です。
がん治療は医師のみではできません。
薬剤師、看護師、あるいは放射線治療の精度を保つための医学物理士などが、
チームを組んで治療に当たる必要があります。

がんを克服するために、がん対策基本法が制定され、閣議決定されたがん対策推進基本計画に基づいて色々と施策が行われています。
とりわけ、欧米に比べて少ない薬物療法や放射線治療の専門医を養成し、地域格差をなくすことが国策として進められています。 現在のがん医療の現場では、幅広い種類のがんを臓器横断的に治療できる腫瘍内科医や放射線治療医、緩和治療医が求められています。 またがん薬物療法に精通した薬剤師や放射線治療の安全性を担保する医学物理士の育成も急務です。

神戸大学は、近畿大学、大阪市立大学、兵庫医科大学、神戸市看護大学、大阪府立大学、関西医科大学とともに 「7大学連携先端的がん教育基盤創造プラン」において、これらの人材を育成するために各種コースを開設しています。
高い評価を受けたこのプログラムでは、選り抜きの講師陣から指導を受けることが可能です。

さらに神戸大学医学部附属病院では腫瘍センターを開設し、がんの診療体制を整え、すぐれたがん医療のトレーニングの提供が可能です。
腫瘍・血液内科では固形がんと造血器腫瘍の薬物療法を単一の診療科で効率よく学ぶことができる環境を整え、 日本臨床腫瘍学会のがん薬物療法専門医受験の為の資格を得ることが可能です。

我が国には複数の領域のがん薬物療法を教育できる指導医がほとんどいないために、 欧米に比べて腫瘍内科医が極端に少なく「がん難民」を生み出す原因となっています。
神戸大学医学部附属病院はこれらの教育ができる数少ない大学病院です。
市販前の抗悪性腫瘍薬の治験も数多く実施しているため、最先端の薬剤を使用する機会にも恵まれています。
国の方針としてがん医療を向上させることが決定されているため、各医療機関におけるがん薬物療法医、放射線治療医、緩和治療医、医学物理士、がん専門薬剤師のニーズは確実に高まっており、 将来の活躍の場も数多くあります。

担当教員紹介
担当教員紹介
がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン、学生募集中!
現在がんプロで募集中のコース一覧。入試スケジュールや願書のダウンロードはこちらからご覧下さい。
詳しくはこちら
がんプロトピックス
イベントレポートやトピックス、その他がんプロからのお知らせをお届けします。
プランリーダーからのメッセージ
インターンシップ受け入れについて

page top

Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved