神戸大学 医学部付属病院

  • 医学研究科
  • 付属病院

開講コース一覧

がん放射線療法インテンシブコース

  • コースの概要

募集要項は左ボタンから、
各提出書類はこのページ下よりダウンロードして下さい。

コースの概要

コースの重点区分 ②地域医療
養成する専門分野 放射線腫瘍学
コースの開始時期 平成24年10月
修業年限(期間) 1年
コースの履修対象者 近畿圏でがん診療に携わっている医師
養成する人材像 放射線療法を中心にがん治療の診療・研究に関連する医師等を対象とし、放射線治療、高精度放射線治療、組織内照射等の放射線腫瘍学に関連する幅広い知識の習得を目指す人材を募集する。
当該人材養成により
期待される成果や
効果(アウトカム)
放射線療法の知識の底上げ効果が期待され、系統的ながん治療体系が修得され、より低侵襲で有効な治療方法の選択、実践が理解でき、放射線療法を通じて地域がん医療の発展に寄与することが期待される。
教育内容の特色等 近畿圏でがん診療に携わっている医師を対象に、がん診療に必要な臨床腫瘍学、放射線腫瘍学の最新の知識と技能の修得を目的とします。  共通特論を履修し、大学病院あるいは連携病院において、放射線腫瘍学の実習を4週間実施します。修了者には、がん専門医師研修(インテンシブ)コース修了証を授与します
修了要件・履修方法 講義90時間、実習160時間(4週)
(ただし、実習については最大2年間のうちに、96時間以上の出席で修了認定します。)
履修科目等 共通特論Ⅰ 2単位
共通特論Ⅱ 2単位
共通特論Ⅲ 2単位
実習 160時間

提出書類ダウンロード

■ご注意■
昨年度(H27年度)の募集要項、及び提出書類が表示される場合があります。
その際にはお手数ですが、一度ご利用のブラウザのキャッシュを削除してからご利用ください。
キャッシュの削除の方法は、こちら

page top

Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved