神戸大学 医学部付属病院

  • 医学研究科
  • 付属病院

開講コース一覧

地域密着型がん緩和医療専門医養成コース

  • コースの概要

コースの概要

コースの重点区分 ②地域医療
養成する専門分野 先端緩和医療学
教員の連絡先 大学院入学を希望する方は、教員まで予めご相談ください。
教員:木澤 義之 先端緩和医療学分野 特命教授
メール:ykizawa@med.kobe-u.ac.jp(メール@を半角にして送ってください)
電話:078-382-6531(先端緩和医療学分野 医局)
修業年限(期間) 4年(早期修了制度あり)
コースの履修対象者 医学研究科医科学専攻大学院生(博士課程)
養成する人材像 緩和医療領域の最新の治療とケアに精通し、地域住民の保健と福祉に貢献する人材を養成する。がん患者と家族の諸問題を早期にかつ適切に評価し、地域の医療者と連携して対応する能力を身につける。
当該人材養成により
期待される成果や
効果(アウトカム)
緩和医療の専門的知識・技術に基づく臨床実践、コンサルテーション活動、教育指導や臨床研究を通じて、地域における緩和医療の啓発、普及や医療・福祉の発展に寄与することが期待される。
教育内容の特色等 緩和ケアチーム、緩和ケア病棟や在宅緩和ケアでの臨床実践を通じて、専門的緩和医療を学習する。また、地域緩和ケアネットワークを含めた、多職種でのチーム医療の実践が可能である。
修了要件・履修方法 専門科目26単位、共通科目4単位、合計30単位を履修し、博士論文を提出し、学位審査に合格すること。
養成人数 若干名

page top

Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved