神戸大学 医学部付属病院

  • 医学研究科
  • 付属病院

開講コース一覧

がんプロ腫瘍内科学特論

コースの概要(H24年度)

開講時期 9月-12月
コーディネータ 南 博信
腫瘍・血液内科学分野
曜日・時限 別途通知
担当教員名
及び所属名
南 博信、他
授業のテーマと到達目標 1.分子標的薬を含むがん薬物療法に関する最新の知見を体系的に理解する。
2.造血器悪性腫瘍の病態と治療に関する最新の知見を体系的に理解する。
3.がんを題材として、臨床試験の目的、デザインと結果の解釈、統計学的考察を理解し、エビデンスを適切に評価する能力を修得する。
授業の概要 乳がんに対する新規治療薬の開発とトランスレーショナル研究
独立行政法人 国立がん研究センター
中央病院 乳腺腫瘍内科 外来医長、通院治療センター長
田村 研治
統計学的考え方に基づく研究デザインと結果の解釈
独立行政法人 国立がん研究センター
多施設臨床試験支援センター
研究推進室長 中村 健一
分子標的治療と耐性
名古屋大学大学院医学系研究科
血液・腫瘍内科学講座 教授 直江 知樹
がん臨床試験のデザインと結果の解釈
独立行政法人 国立がん研究センター多施設臨床試験支援センター センター長
/ JCOGデータセンター データセンター長
 福田 治彦
Community Oncologistの役割
St. Luke's/Temple University School of Medicine
Assistant Professor of Medicine
中島 光
がん分子標的薬とバイオマーカー研究
近畿大学医学部ゲノム生物学教室
教授 西尾 和人
血液がん薬物療法の臨床薬理、update
福井大学医学部長、福井大学医学部病態制御医学講座内科学(1)教授 上田 孝典
生存曲線の解析と解釈
京都大学医学部附属病院探索医療センター検証部 特定助教 吉村 健一
造血幹細胞移植の問題点とその克服
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
研究科長 谷本 光音
臨床薬理学情報に基づいた抗がん薬治療
神戸大学大学院医学研究科 腫瘍・血液内科学 教授 南 博信
造血器腫瘍領域の臨床研究
自治医科大学附属さいたま医療センター 血液科 教授 神田 善伸
学生へのメッセージ 受講生の積極的な質問・討論を期待する。
今年度の工夫 学外からこの専門領域でのトップクラスの講師を招いて講義を行うことにより学生の研究意欲の向上をはかる。

page top

Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved