神戸大学 医学部付属病院

  • 医学研究科
  • 付属病院

開講コース一覧

がんプロ放射線腫瘍学特論

コースの概要(H24年度)

開講時期 9月-12月
コーディネータ 佐々木 良平
放射線腫瘍学
曜日・時限 別途通知
担当教員名
及び所属名
佐々木 良平、宮脇 大輔、西村 英輝、吉田 賢史、他
授業のテーマと到達目標 放射線治療の方法論だけでなく、薬物療法・緩和医療を含む包括的医療を通じて癌治療の基礎的知識から最近の知見までを学ぶ。また臨床医学だけでなく、基礎医学を含めた癌研究の最新知見を理解する。
授業の概要 「前立腺癌の高精度放射線治療と食道癌の集学的治療」
国立がん研究センター中央病院 放射線治療科
医員 馬屋原 博
「強度変調放射線治療における物理的品質管理」
広島大学大学院 医歯薬保健学研究院
応用生命科学部門 放射線腫瘍学
特任准教授 小澤 修一
「放射線治療の基礎とトランスレーショナルリサーチ」
放射線腫瘍学 特命准教授 佐々木良平
「乳癌と小児癌の集学的治療の中での放射線治療」
久留米大学医学部
准教授 淡河恵津世
「胸部悪性腫瘍に対する放射線治療」
放射線腫瘍学 特命講師 西村英輝
「子宮癌と前立腺癌の小線源治療について」
放射線腫瘍学 助教 吉田賢史
「頭頸部癌に対する放射線治療」
放射線腫瘍学 特定助教 宮脇大輔
学生へのメッセージ 癌治療・放射線治療は発展著しく、日々新たなエビデンスが発信されている。各領域の最先端で活躍する講師を招いて講義を開催する予定であり、積極的な聴講・質問・発言を期待する。
今年度の工夫 疾患領域・治療方法別に講義スケジュールを組み、網羅的に癌治療を理解できるよう配慮する。各領域でのトップクラスの講師を招き、学生の研究意欲の向上をはかる。

page top

Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved