神戸大学 医学部付属病院

  • 医学研究科
  • 付属病院

がんプロとは

  • がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
  • プランの概要
  • 各大学の役割分担

プランの概要

概要・特徴

本プランは、阪神地区の国公私立7大学8学部の医学、看護学、薬学系大学院研究科が相互に連携し、高度ながん診療と研究を実践できる人材養成の基盤整備を推進します。

基盤整備のため教育改革、地域医療、研究者養成の3部門を設置します。

教育改革部門

がん診療に携わる若手医師及び医療人の発掘と育成を目指した専門教育プログラムを開発します。

地域医療部門

地域の医療機関で活躍するがん医療専門人の養成や人的交流を行います。また、がん医療情報の共有を図り、多職種が連携した広域医療ネットワーク構築を目指します。

これらを実現するため、臨床腫瘍学、放射線腫瘍学、緩和医療学の講座を新設します。また、包括的がんセンターを具体化することで、がん教育拠点としての機能を強化します。

事業実施の必要性(課題及び対応策)

がんに特化した講座の新設

臓器横断的がん医学(研究、教育、診療)を行うがんに特化した講座の創設
→大阪市立大学大学院医学研究科に臨床腫瘍学、神戸大学大学院医学研究科に先端緩和医療学、近畿大学大学院医学研究科に緩和医療学の3講座を新設します。また、神戸大学では放射線腫瘍学部門に特命教授を置き独立させ、がんに特化した高度医療人育成を行います。

がんプロとは
がんプロとは
プランの概要
各大学の役割分担
がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン、学生募集中!
現在がんプロで募集中のコース一覧。入試スケジュールや願書のダウンロードはこちらからご覧下さい。
詳しくはこちら
がんプロトピックス
イベントレポートやトピックス、その他がんプロからのお知らせをお届けします。
プランリーダーからのメッセージ
インターンシップ受け入れについて

page top

Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved