診療の方法

眼もとの手術

1.二重まぶたの手術(重瞼術)

二重まぶたの手術(重瞼術)を希望される方に、4つの方法で手術を行っています。
周りの人から見て気づかれない、自然な二重まぶたの手術が理想です。

(1)埋没法・・・皮膚を切らずに糸を埋めて、二重のラインを作る方法
まぶたが薄い人に向いている方法です。
皮膚にはわずかな穴しか開けませんので、傷は目立たなく、腫れも少なくて済みます。欠点は、徐々に二重の幅が狭くなったり、時々二重がはずれてしまうことです。埋没法で思うような二重が出来ない場合は、切開法を検討して下さい。

(2)部分切開法・・・皮膚を部分的(約1cm)に切開し、二重のラインを作る方法
「長持ちのする二重にしてほしいが、なるべく術後の腫れや傷あとを少なくしたい」と希望される方にお勧めしています。眼窩脂肪や眼輪筋の切除の追加によって、まぶたをすっきりとさせることができます。

(3)大切開法(上眼瞼除皺術)・・・皮膚を2−3cm切開し、二重のラインを作る方法
腫れぼったいまぶたや、まぶたのタルミが多い場合には良い方法です。
「術後少々腫れても良いので確実な二重にしてほしい」と希望される方に
お勧めしています。まぶたの脂肪等の組織を適切に取ることによって、すっきりとした綺麗な二重まぶたにすることが可能です。傷の残り具合は個人差がありますが、ほとんどは二重のヒダに隠れ時間が経つにつれ目立ちにくくなくなっていきます。

  ◆パンフレットご希望の方は⇒こちら
ページTOPに戻る

2.まぶたの周辺の手術

(1)脂肪切除

●眼窩脂肪切除
中央および内側の脂肪をまぶたの状態に応じて切除します。
ぼてっとしたまぶたを改善します。

●中隔前(眼輪筋下)脂肪切除
中隔前脂肪を広い範囲で切除すると、まぶた全体を薄くすっきりとさせることができます。

(2)目頭切開

東洋人の多くの人には目頭に蒙古ひだがあります。目頭切開により眼を大きく見せることができます。また、目頭切開により平行型の二重になりやすくなります。

(3)目尻切開

目尻の切開により若干眼を大きくすることは可能ですが、長い目で見た効果は少ないといえます。

(4)眉毛固定術

眉毛を前頭筋または前額の骨膜に固定することで、眉毛が垂れ下がるのをふせぎます。

ページTOPに戻る

3. まぶたのたるみ取り術

(1)上眼瞼シワ取り術

1)眉毛下皮膚切除法
眉毛の下の皮膚を切りとるために、現在のまぶたの形を大きく変化させずにたるみを取ることができるお奨めの方法です。
術後の腫れは少なくすみ、形成外科の技術により傷は比較的目立ちません。

2)二重まぶた部の余剰皮膚切除法
まぶたのたるみを取って新しく二重まぶたをつくりたいときに行います。同時に眼輪筋や脂肪切除などを行うことですっきりとした二重まぶたにすることが出来ます。術後の腫れが欠点です。

3)眼瞼挙筋腱膜の引き締め
まぶたを挙げる筋肉の付着部の手術により、まぶたの形の変更や、まぶたを大きく開けるようにすることが出来ます。

(2)下眼瞼シワ取り術

下まぶたの小ジワや眼袋が目立ってくると、老けて疲れた表情になります。
手術の効果は非常に高く傷はほとんど目立たなくなるため、とてもお勧めできる手術です。
通常は下の3つの方法を、状態に応じて組み合わせて行います。
皮膚を一切傷つけずに、まぶたの裏側の結膜を切開して行う方法もあります。

1)余剰皮膚切除
タルミの皮膚を切除します。下まつげの際で切除するために傷はほとんど目立ちません。欲張って多く切除すると“あっかんべー”をした状態になり、まぶたを完全に閉じることが出来なくなることがあります。

2) 眼窩脂肪の処理
眼袋の部分の脂肪はあまり切除せずに、その位置の変更を行い下眼瞼を平坦にします。脂肪を取りすぎると、正面で鏡を見ると良いので自分では気付かないのですが、下を向いたときに少し凹み、周りの人に不自然な印象を与えてしまうことがあります。

3)眼輪筋の外上方への吊り上げ
術後しばらくの間は、つり目になった状態になりますが、1−2ヶ月で落ち着きます。長い目で見ると効果が高く、お勧めできる方法です。


※下まぶたリフトと脂肪注入を併用すると大きな効果が得られます。
※ミッドフェイスリフトと併用するとほうれい線が改善します。

ページTOPに戻る