enkaku

img364


 神経発生学分野(旧解剖学第1講座)に事務局をおく神戸大学のじぎく会の沿革についてご説明します。

 神戸大学医学部は創設以来昭和
40年代に至るまで、人体解剖学実習に供するご遺体は充足していましたが、昭和40年代に入って医大の新設ラッシュを迎えるようになり、また学生定員も80名から100名に、さらに120名にと増やされるに及んで、他の大学と同じくご遺体の不足をきたすようになりました。

 このため篤志家を集めたグループが出来ましたが、その数が
130名あまりになった時点で「神戸大学のじぎく会」が結成されました。1975(昭和50)年6月のことでありました。当時会長は大畑忠太郎氏、副会長は人位秀男氏でした。以後会員は毎年少しずつ増加していましたが、1982(昭和57)年から1983(昭和58)年にかけて急激に増加するようになりました。これは会の運営が軌道に乗り始め会員獲得運動が活発になったこと、献体法が制定されたこと、献体者に対して文部大臣の表彰などが始まったこと、献体の精神がようやく社会に受け入れられるようになったこと等によると思われます。この頃の会長は人位秀男氏でした。

 img358
  発会式 式次第 S50.6.29 医学部第2講堂にて
  のじぎく会設立の趣旨説明や会則案の審議が行われた

img363
発会式の様子
S50.6.29 医学部第2講堂にて
  多くの献体賛同者が集まっている様子がわかる


img369
 初代会長 故 大畑忠三郎 氏
 
S51.5.29 第2回総会にてご挨拶の様子

img392
二代目会長 故 人位秀男 氏
S55.5.25 第6回総会にてご挨拶の様子


 その後、医学部学生の定員削減などもあり、のじぎく会三代目会長豊田喜唯氏のもとで、会の目的を会員の獲得から会員の相互親睦と健康の維持に変更されました。また同時に平成元年度からのじぎく会の年間登録者数を
200名に限定し、のじぎく会会員以外の献体はお断りするということになりました。さらに平成9年より予備登録制度を開始し、年間50名の新規加入に限定しました。1998(平成10)年10月から20053月まで田中登美子氏が第四代会長に就任し、20054月からは稲田氏が第五代会長に就任し現在に至っています。例年、10月もしくは11月中句に年1回の総会を開き、毎年300名程度の会員の参加があります。

 この機会にすでに献体して下さった諸霊に対して、あらためて感謝の意を捧げる次第であります。

 


650-0017 神戸市中央区楠町7-5-1
神戸大学のじぎく会
TEL/ FAX (078)382-5331
電話受付時間:月〜金 9:3016:00
最終更新日 
2013/4/1


top01  top2_head04